スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
<受験決意!?幕開け>
『医療情報技師』、あまり聞きなれない資格だと思います。
私も平成18年の6月に初めて知りました。
知った時点で、受験申し込み締め切り1週間前!
ドタンバで、出会ってしまったのです。


試験費用だけで1万円。
平社員にとっては、決して安くはない買い物です。・・かなり悩み始めました。


それと同時に、私の脳裏にうかんできたのは・・・
仕事をしながら、サーバーがたまにダウンしたときの、お手上げ状態だったこと。サーバーがダウンしたときの痛み・・⇒もう少し、自分に知識があったら・・ ベンダーのちんぷんかんぷんな用語を理解できたら・・痛感はしていたものの、これといってなにかするわけもなく、放置プレイだったこと。
そして、数ヵ月後にオーダリングが開始、電子カルテも導入!の予定があることが、頭の中をめぐりました。


高校時代からの親友Yちゃんに相談することにしました。
Yちゃんは、巨大総合病院勤務のナースです。


すると、翌日、Yちゃんから、
『もう申し込んだから!7月の知的講習も。』
という返事が。えっ!!行動力ありすぎです。


もう申し込んだの??と驚くと同時に、
翌日、私も郵便局、銀行に向かうことになりました。


こうして、
合格率、出題傾向、出題内容、全く把握していないまま、私の短い受験生活が幕を開けました。



* 2009 追記 *
 このブログは2006年度医療情報技師検定試験を受験した際の記録です。
 科目毎に職業別の免除制度がありましたが、現在は廃止されています。
 ブログ開設後、皆様からいただいたご質問については、
 最終項目にUP予定です。
スポンサーサイト
【2006/11/05 22:08】 | 未分類
< 第一楽章 ~教科書を購入~ (約1か月半前) >
受験申し込みをした後、教科書を購入することにしました。
『情報システム』は、
病院内部の部署について理解してれば、なんとかなるかなぁ?・・と甘くみてました。


なにぶん仕事が忙しかったため、某大型書店に行く時間もなく、
広いフロアで東奔西走し、探す気力もなかったため、アマゾンで購入しました。


そして、数日後、教科書が届きました。
002.jpg




・・・・・が、数ページめくるうちに顔面蒼白!


私は『医学』は免除だったので、
2教科の受験になりましたが、合計すると約600ページ!
仕事後、自宅で読むにしても、現実では1日10ページくらいしかすすみませんでした。
先が思いやられた瞬間でした。


ちなみに、下の画像は、試験前日の教科書の状態です。
だいぶ汚れましたかね。
001.jpg




アマゾンで、教科書を買うと(¥1500以上になって)送料無料なので、オススメです♪第一版でよければ、ロープライスのも出てることがありますョ。
まずは・・教科書からが第一歩です。


* 2009 追記 *
  教科書が2009年の4月、5月に改訂されます。
  篠原出版社から引用してます↓


  『新版 医療情報全3編』につきまして、出版時期を当初4月上旬とご案内しておりましたが、
  次のように変更となります。お詫び方々ご案内申し上げます。
  「医療情報システム編」「情報処理技術編」4月下旬に発行予定、
  「医学・医療編」5月上旬に発行予定。

  「医療情報技師」能力検定試験の完全対応教科書の全面改訂版の正式タイトルと販売価格、
  ISNBコードが決まりました。『新版 医療情報 全3編』医療情報システムISBN978-4-88412-329-1、
  医学・医療編 ISBN978-4-88412-330-7、情報処理技術編  ISBN978-4-88412-331-4、
  各巻定価3,360円税込(本体価格3,200円)。
【2007/03/03 15:06】 | 未分類
< 第2楽章  教科書を読む >
7月初旬から教科書を本格的に読み始めました。
学生時代からのブランクなのか、
座って神経を集中させるという基本さえ忘れてました。


まずは『情報処理』から始めることに。


私のおすすめの勉強順序としては、
『情報処理→情報システム』の順がいいと思います。
『医学』は免除だったので、断言できませんが、
おそらく・・情報システムを一番最後にしたほうがいいはずです。


そして、まずは教科書を読んで暗記しよう♪と試みました。
カラーペンを握り締めながら、読んでいきます。


j.jpg



しかし・・・仕事でぐったり帰ってきたうえに、
食事を作り・・・としてると、ほぼ100%寝てしまってました。
ちっとも頭に入らないし、数日後に振り返ってみると、
かなしすぎるくらいに、記憶はどこへやら。


さすがにこのままでは・・・と、限界を感じてきました。


【2007/03/04 00:24】 | 未分類
< 第3楽章  まとめノート作成(約1か月前~) >
教科書を読んでも読んでも、右から左へつつ抜け状態だったため、
読んでおぼえることは諦めました。


で・・・まとめノートを作り始めました!


ちなみに私の作成したノートは・・
左半分を使い、右半分は空白にしました。
これは、後に追加したい事項があったときのためです。


j02.jpg


上の画像では、知的講習会に行ったあとに、
右部分も追加記入した形跡のページになってます。


ネットで「まとめノート」を作って公開してくださってる方のも参考にしながら、
自分の弱いところを網羅させました。


赤いシートで隠して、暗記できるようにしました。
赤いシートは学生時代に使用していたものをひっぱりだしてきました。


今、思うと、このノートは『力強い味方』になったと思います。
7月中に2教科を完成させることを目標にしました。
(実際は8月に入っても作り続けてましたが・・)



【2007/03/04 00:50】 | 未分類
< 第4楽章 知的講習会(7月)に行った・・けど・・ >
こんなことを言うと、情報技師の免許を剥奪されるかもしれませんが、
全般的に費用が高すぎ!です。これは講習会だけに限りません。


ま、そのおかげで、
1回で合格してやる~!!という気にもなったようなならなかったような。


試験前に何度か、講習会が開催されてました。
私は悩んだ挙句、『情報処理』を受講しました。(たしか5000円)
『情報処理』は、なにが大事なのか、どこがわからないのか、とにかくさっぱりだったので、藁にもすがる思いでした。
『情報システム』は高いうえに(たぶん10000円)、一日という長時間がネックになり断念しました。



結果論から言うと、
18年度の『情報処理』講習内容からだと、
行かなくても良かったかな・・というのが本音です。
お金と時間に余裕があれば行ってもいいかもしれません。
19年度講習会の内容の充実を願います。


講習会の冊子の表紙です。
20070304012928.jpg

中身は、講習会のスライド画像(!)になってます。
少しだけ、過去問と例題も掲載されてました。
20070304012939.jpg

最後の4ページ弱に、「ねらいと基本事項・用語」リストがありました。
ただ・・「特に留意していただきたい点は、本リストが能力検定試験の出題範囲を示すものではない点です」と注釈が。。。。
20070304012946.jpg



受講時に、「質問記入表」が配布され、質問を書いて提出すれば、
回答を公式サイトで発表するという、画期的な仕組みになってました。


【2007/03/04 01:33】 | 未分類
< 第5楽章 知的講習会で再発見 >
知的講習会で得たもの。ないようで、実はありました。
それは、隣に座っていた女性からです。


それまで、ミクシーや2chの噂で、
情報処理は『初級シスアドの午前』と同レベルだと聞いてました。


私の隣に座っていた女性、
まさに初級シスアドの参考書を持ってきてたんです。
休憩中も熱心に読んでる姿に単純に再確信してしまいました。


・・・やっぱり初級シスアドをやったら理解できるかな?
私にとって、決定的な・・ラッキーな出来事でした!!


さっそく帰り道に、本屋へ向かいました。
初級シスアドについては、様々な参考書や問題集が出てますが、
私が選んだのは1週間で分かる初級シスアド集中ゼミ 午前編
です。


l.jpg



なぜ選んだのかというと・・・
高校生時代に読んでいた参考書に似ていて、私の好きなタイプだったからです。
簡潔明快で読みやすかったし、
過去問(←シスアドの)もあったので。


でも、なによりも・・・自分が気に入った本を買って、
その本を徹底的に活用するのが一番だと思います☆





【2007/03/04 01:49】 | 未分類
< 第6楽章 8月(残り3週間!) >
8月に入ってからは、
『情報処理』→自作ノートの暗記、参考書の理解&暗記、シスアド過去問。(←ネットから寄せ集めてきました。)
『情報システム』→自作ノートの暗記
しかしてませんでした。


わからないことが出てくれば、教科書に逆戻りします。
ネットの用語辞典を活用したり、それにまつわる例題を探したりしました。
ネットがあることは、ほんとに恵まれてると思いました。私が大学受験の頃なんて、家でキーボードに触れる機会すらなかったような。


8月はさまざまな誘惑がありましたが、
1か月節制し、1回で受かるか、
多少甘えて落ちるか、のどちらかだ!!!!と思いました。


仕事では体力的、精神的にもフル稼働でしたが、
どんなに疲れて帰ってきても、1度はまとめノートをひらこう!と決意しました。


しかし、実際は・・うまくいかないことのほうが多かったです。


とりあえず、周囲に受験生であることを宣言し、
自らプレッシャーをかけていきました。
ただ・・あくまでも、メインは仕事です。
学業と仕事の両立の難しさをかみしめる日々でした。


このころに、簡略的なプランを練りました。
試験1週間前に、どのくらいの勉強時間が確保できるか、
予備日をかなり多めにとって、計算しました。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


個人的に、大変お世話になった無料のサイト
☆IT用語辞典  http://e-words.jp
    ココにいけば全ては解決しました。

☆初級シスアド過去問トライ  http://www.kuri-room.com/sysad/
    暇なときにも・・ゲーム感覚で、勉強できました。
    ただし、シスアド午前の過去問が、情報処理の範囲と一致しないところもあるので、
    そこだけは要注意です。

【2007/03/04 01:58】 | 未分類
< 第7楽章  ラストスパート!! 1週間 >
ラストスパートになりました。
ラストの1週間はちょうど仕事負荷が高い期間だとあらかじめ予測はできてました。
家に帰ってきても、バタンキューだろうな・・
おそらく集中できないだろう・・と。
なので、予備日のような感覚で、配分してました。


職場の先輩にも、同じく受験予定の方がいたので、
仕事で空いたときや休憩時間には、その方のところへいき、
問題を出したり出していただいたりして、
妙な牽制球を投げあいました。


ラスト3日を過ぎると、試験1時間前に見るノートを作りました。
おぼえ書きです。
自分の最も弱いとこを、1枚の紙にまとめました。
私の家から試験会場までは1時間くらいの距離があって、
その小一時間に『これさえ見れば安心♪』という、
お守りみたいな感じになりました。

【2007/03/04 02:06】 | 未分類
< 第8楽章 決戦日 >
?午前『情報処理』の感想
・教科書をメインにしていたら、合格できそうにない問題ばかりでした。
・基礎をしっかり固め、なおかつ応用力も問われた気がします。
 (シスアドについてもっと勉強しておけば良かったと大後悔しました。)
・とにかく時間が足りなかったです。「これは後回し!」とした問題を、
 あとからじっくり解く時間もなくなってしまいました。


?午後『情報システム』の感想
・午前とは逆に時間の余裕がありました。
・実際に院内で働いてる者として、謎な設問や解答がありました。。この点は、一緒に受験した先輩も同じように感じたみたいです。考えれば考えるほど、解答が変わってしまうので、、、サラっと流して、時間をかけすぎないようにしたほうが良かったかなぁと思います。
・途中退場者が続出してました。終了時間には、半分以上の人がいませんでした。


午前の『情報処理』が終わった直後には、
「落ちたかも・・」と思いましたが、
周囲の反応もざわつく難易度だったようで、
「ボーダーラインによるかなぁ・・」と、前向きに・・☆、
午後にむけて気持ちを切り替えました。
(みんなができなければ、ボーダーも下がるはずです。)


18年度の問題はこちらに集まってます↓
http://wiki.livedoor.jp/borderguard/d/


* 追記 *
 2008年4月、待望の過去問題集が発売されました!
 過去問へのチャレンジは、自信につながるはずです。


【2007/03/04 13:30】 | 未分類
< 第9楽章 合格発表 >
11月初旬にネットで午前中に合格発表がありました。
下旬には、合格通知が届きました。
合格通知というより、、むしろ結果報告のような感じです。
m01.jpg

12月下旬に、ようやく本物の認定書が届きました。
なんだかとってもスローテンポな資格ですね。。
m02.jpg




病院でお世話になってるベンダーさんが名札裏につけていた、
認定カードと同じものを実際に持つことができるようになり、
すごく嬉しかったです。





以上、働きながら1月半の記録でした。
原文は試験後に書き溜めてたものですが、
11月の合格後、最初の文だけをUPし、
その後が3月にUPということになってしまいました。。。
今後も、内容を見直し、突発的に徐々に更新するかもしれません。



コメント欄は管理できないので、作っておりませんが、
ミクシーからこられた方で、なにかありましたら、ミクシーへの直メールでどうぞ。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

お世話になったアマゾン



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
【2007/03/04 13:35】 | 未分類
ブログ開設後、いただいたご質問に対して * 2009年 追記 *
すっかり放置ブログになっていたのですが、
ご訪問いただき、ありがとうございます!


私が受験したのは、2006年度になり、
現在と状況は変わってきているため、参考になるのかは分かりません。
ブログ開設後、いただいたご質問について、こちらでまとめておきます。



●ある資格を持っているのですが、
 『情報処理』、『医療情報システム』、『医療・医学』の中で免除される科目がありますか?
 

   私が受験した2006年度には、職業別に『受験科目免除→合格』がありました。
   残念ながら、この制度は2006、2007年度のみだったようです。
   2008年度より、全科目受験が必須になっています。



●1科目ずつ合格して、何年間かかけて、資格を取得できますか?
 
   私が受験した2006年度は、合格した科目は2年間有効で、
   たとえ他の科目が不合格でも、翌年不合格科目だけチャレンジすることができました。
   合格保留制度は、2006、2007年度のみ適用されていたようです。

   現在は、全科目同時合格のスキルが求められているようです。
   


●「情報処理」分野について、javaの勉強はされましたか?
 またjavaに関する出題があったのでしょうか??


   あまり記憶がないのですが、、、教科書の最後の付録の部分についてですね。
   私は全くしていなかったような・・そんな余裕がなかったような気がします。
   受験仲間とも話したのですが、『新到達目標』にJavaの記載がないので、
   出ないのでは?出たとしても、1、2問だろう?と思っていました。
   ・・・・ただ、この推測は↑2006、2007年度までになります。
   周りに2008年度の受験者がいないのと、08年の出題を見ていないので・・・

   念のため、過去問に目をとおしておくと、安心かもしれません。



●重要な箇所はどこですか?ココ!というところがあったら、教えてください。
  
   私が受験したときには、まんべんなく出題される傾向にあったので、
   申し訳ないのですが、断言ができません。
   講習会に行かれた場合に、用語集があると思うのですが、
   それを理解していたら、合格に近づくと思います!



【2009/03/08 21:35】 | 未分類
医療情報技師への道 


こちらのサイトについて

焼き林檎のアイスクリーム添え

* 作者 *
焼き林檎のアイスクリーム添え
  某救急病院所属。
  20代の小娘です。


私が実際に受験生活を始めたとき、有力な情報が少なかったので、『自分が合格したら、ブログを作ろう!』と思いました。無事合格したので、1か月半の受験生活日記を公開します。


記事は時系列にそって、古い順で掲載してます。



最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。